マリンメイトのポイントマップ

川平・米原※北部ポイントはマンタスクランブル、マンタシティー以外は遠征となります。 (5名様以上の乗船)

米原Wリーフ、南、西、コーラルヘブン、樹下美人
広大なリーフがあり、東側と西側で幾つかのコースがあります。地形派やカメラ派などダイバーの好みによって楽しみ方が出来るポイントです。水深5~6mにサンゴが群生する棚が広がり、キンギョハナダイ、アカネハナゴイ、デバスズメダイの群れを観察する事ができます。リーフ周辺のガレ場では甲殻類、沖合では水深25Mまで落ちスミレナガハナダイなど見れます。
荒川・山原方面 ヨスジの根・ロックレイク・シュリンプガーデン・山原
リーフエッジに面したポイントで水深が18m~23mです。地形や砂地に点在する根を回り米原Wリーフでは、見れないハナダイやクリーニングするエビが多くマクロも面白いポイントです。白砂にブルーのコントラストも綺麗で浮遊感も楽しめます。
伊土名ドーム
地形がメイン、水深15M天気がいいと岩の隙間から光のカーテンやスポットライトのように見えとてえも幻想的な海を見る事ができます。ガレ場にはマクロ生物が多く、キンチャクガニ、バイオレットボクサーシュリップなどなど沢山の生物をみることができます。
水路、南、北
水深18Mで北のポイント、南のポイントがあります。南では、ハゼが多く クサハゼ、シマオリハゼ、ネオンテンジクダイ、チョウチョウコショウダイ幼魚など見られます。北口では、大きなハマサンゴの回りで キンメモドキ、オイランヨウジアカククリの幼魚、ニシキテグリなど色々な魚が見られます。
ビッグマウンテン
伊原間のインリーフにあるポイント
砂地で水深20Mの所にメインの根があり、スカシテンジクダイ、キンメモドキが群れています。水深15Mでは、ヤシャハゼ、ネジリンボウなど見れます。
平野、安良口
石垣島最北端のポイント
透明度が良く、上げ潮時は40Mオバーの時があります。水深20M、砂地が沖に向かって続いていて、浮遊感を楽しめます。
マンタスクランブル、マンタシティー
ここでは、マンタがベラにクリーニングをしに来る所で、根の周りをホバリングしています。多い時で10匹以上見られる時もあります。マンタシーズンは9月~10月まで高確率で見れます。シティーはマンタ保全の為、ボートが5艇までと決まっております。その為、5艇以上の場合は沖合で待つ事があります。

大崎・名蔵

大崎周辺ポイント

崎枝迷路
迷路のような複雑な地形、サンゴも綺麗で魚も豊富。天気が良い日は光が差し込み神秘的。
崎枝ビッグアーチ
地形がメイン、アーチに入り振り向けば透き通ったブルーの世界は癒される事間違い無し。
大崎ハナゴイリーフ
浅場にはユビエダサンゴの周りには魚が群れていて深場にはナカモトイロワケハゼ、ニチリンダテハゼ、ハナゴンベなどレアな生物を見る事ができます。
アンカーポイント
水中にアンカーがたくさん転がっているのでこの名前が付きました。深場ではヤノダテハゼ、ヤシャハゼ、ニチリンダテハゼ、アケボノハゼなど、ハゼ好きにはたまらないポイントです。
アカククリの根
なだらかに下りて行くと砂地にはガーデンイーグル、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、中層には大きなハマサンゴの周りにアカククリクマノミなど見られます。12月~3月にかけて水面で捕食するマンタが見れるかも。

名蔵湾周辺ポイント

マッシュルームポイント
海底一面にサンゴが群生しているポイント。サンゴの周りにニシキテグリがいることも。サンゴを折らないように注意が必要です。
ハーガッター
大きなハマサンゴの周りに色々な種類のサンゴが群生しています。アカククリ、カクレクマノミ、ホワイトチップなど見れます。

石垣島周辺ポイント

桜口
探せば出る出るマクロ派必見のポイント!ガレをめくれば甲殻類、ウミウシ類など豊富
マルベ石
大浜海岸に面したポイント。洞窟や水路があり、地形が面白いダイビングポイントです。
マエザトケープ
サンゴがすごく綺麗なポイント。サンゴ畑を抜け、洞窟に入ったりとちょっとした冒険を楽しめる。
宮良トカキン
沖縄の方言でイソマグロをイソマグロを指します。ダイナミックなポイントでサンゴの美しさはもちろん、カスミチョウチョウウオ、ハナゴイが群れ、沖にはイソマグロ、サメ類、エイ類など大物が見れる。
宮良アウトリーフ
白保と前里の沖合4m離れた外洋ポイントで、大物遭遇率が高い。バラクーダ、ホワイトチップシャークなど狙えます。

竹富島南周辺ポイント

リトルクリチャーズホーム
マクロ派お勧め最大深度12mと浅め。ゆっくり写真に集中出来ます。イシヨウジ、ウミウシ、カクレエビ、カエルウオなどマクロな被写体が豊富。
ジャガイモの根
ジャガイモのような形のコモンシコロサンゴにデバスズメダイ、ヨスジフエダイ、ノコギリダイ、グルクンがいっぱい群れています。
ビタローの根
砂地に根が点在し、そこにスカシテンジクダイ、キンメモドキの群れ、ハナヒゲウツボ、ガーデンイーグルなど見れます。

黒島周辺ポイント

黒島V字ドロップ
ダイナミックなドロップオフとV字にえぐられた地形周辺が見どころ。透明度が良い時は50m以上。壁にはカスミチョウチョウウオが群れ、グルクンの群れ、ネポレオン、ウミガメなど見れる。水深20m付近には、ハナゴンベがいたりとフォト派、ウオッチング派にも大人気ポイント。12月~3月は水面で捕食しているマンタを見る事ができます。
パナリ竜宮の根
水深7~8m程の真っ白な砂地に立ち上がる竜宮城のような形をした根にスズメダイの仲間やスカシテンジクダイが群れており、クダゴンベも見れるかも。浅い砂地には探せばたくさんのマクロ生物が見つかり、浅いのでじっくり写真をとったり、フォト派に大人気スポット。
仲本ケープ
大きなアーチがあり、リュウキュウハタンポ、アカククリ、アカマツカサが群れ、とてもワイドなポイント。